働きながらも目指せる税理士への転職

税理士の必要性はなくならない

働きながらも目指せる税理士への転職

高収入


今の時代、どんな仕事をしていると収入が安定するのでしょうか?
50代になっても平社員というお父さんも増えてきています。今後日本の経済が波に乗って皆の給料も上がっていくさ!と感じている人はどれくらいいるのでしょうか。
これをしていたら30年後も安泰だと言い切れる仕事は難しいと思います。
そんな中でも需要が無くならない仕事はいくつか考えられます。

まず、医療関係です。病院の経営もその医院によって様々ではありますが、先生や看護師は必要とされます。
その資格を持つことでどこでも仕事が出来るというのは魅力です。

そして給料が高い仕事というと税理士や弁護士があります。今では人数が増えてきたことで高い給料を取れる税理士や弁護士も減ってきているかもしれませんがそれでも一般サラリーマンより高い給料が期待出来ます。
そして、必要とされる仕事であるということが大事です。

税理士の場合は、どんな会社でも必要な存在になります。個人開業していても税理士が必要なのでその需要は多くなるのです。
税理士の仕事は大きく3つに分かれます。
税務処理の代行と税務署類の作成代行、税務相談を受けることです。
税金は誰しもが支払っている負担。必要なくなる時がない存在なのです。

what's new

2013/03/08
バッジを更新。
2013/03/08
有利な受験制度を更新。
2013/03/08
必要性を更新。
2013/03/08
独立の夢を更新。
2013/03/08
トップページを更新。